B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

ANDREW W.KーClose Calls With Brick Walls(兄貴、危機一髪!)のレビュー

Close Calls With Brick Walls

アーティスト名 ANDREW W.K(アンドリューW.K)
発売日 2006/7/11
国内盤 兄貴、危機一髪!スペシャル・エディション(初回限定盤)(DVD付)
輸入盤 Close Calls With Brick Walls

(Andrew W.K、本名:Andrew Wilkes-Krier、1979年5月9日-)はアメリカ合衆国のロック歌手、及び彼の組織するロックバンドの名称である。カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ、ミシガン州出身


1. I CAME FOR YOU
2. CLOSE CALLS WITH BAL HARBOUR
3. NOT GOING TO BED
4. YOU WILL REMEMBER TONIGHT
5. PUSHING DRUGS
6. HAND ON THE PLACE
7. ONE BROTHER
8. LAS VEGAS, NEVADA
9. DR. DUMONT
10. I WANT TO SEE YOU GO WILD
11. WHEN I’M HIGH
12. GOLDEN EYED DOG
13. INTO THE CLEAR
14. MARK MY GRACE
15. DON’T CALL ME ANDY
16. THE BACKGROUND
17. SLAM JOHN AGAINST A BRICK WALL
18. THE MOVING ROOM
19. CAN YOU DANCE WITH ME? (Korea only Bonus Track)
20. THIS IS MY WORLD (Korea only Bonus Track)
21. I WANT YOUR FACE (Korea only Bonus Track)
22. LET’S GO ON A DATE (Korea only Bonus Track)


レビュー

アンドリューW.Kの3rdアルバム「Close Calls With Brick Walls」
個人的には1stのまま突っ走ってほしかったのでそーゆー意味では期待はずれな一枚↓

1~2曲目は「ん?これ誰w?」って感じな静かな立ち上がり。
「まさかこれが続くのか…」と思いきや3曲目「NOT GOING TO BED」
から元のパーティーロックに続きます

シングルカットされた曲との事で期待してた通りのパーティーサウンド↑
詳細は↓

1stの出来が良すぎたせいか、その後の評価が辛くなって
しまいがちですがいろんな方向性を試してるのかもしれませんね。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 2.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す