B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Green Day-Dookieのレビュー

Dookie

アーティスト名 Green Day(グリーンデイ)
発売日 1994/2/1
国内盤 ドゥーキー
輸入盤 Dookie

1987年たアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー結成のパンクロックバンド。ポップパンクを代表するバンドでパンク史においても外すことのできないバンド

1. Burnout
2. Having a Blast
3. Chump
4. Longview
5. Welcome to Paradise
6. Pulling Teeth
7. Basket Case
8. She
9. Sassafras Roots
10. When I Come Around
11. Coming Clean
12. Emenius Sleepus
13. In the End
14. F.O.D./All By Myself


レビュー

Green Dayの3rdアルバム「Dookie」
メジャーデビュー1枚目となります

これはもう説明不要ってほど全世界でバカ売れしたアルバムです
さらにポップパンクというジャンルがこれで火がついたといっても過言ではないかと

ベタベタですが、自分も洋楽パンクデビューは「Dookie」でした。
当時はパンク入りたての人が必ずと言っていいほど通るアルバムでしたね

中でも「Basket Case」は街中でもガンガン流れててパンク聴かない人でも
一度は聴いた事あるであろう超有名曲です

まさにパンクの登竜門的な1枚ですので、できるだけ早いうちに体験しておきましょう。
(できれば10代中には)
年食ってから聴いたらパッとしないと思うので。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す