B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Good Charlotte-The Chronicles of Life and Deathのレビュー

The Chronicles of Life and Death

アーティスト名 Good Charlotte(グッド・シャーロット)
発売日 2004/10/5
国内盤 クロニクル・オヴ・ライフ・アンド・デス
輸入盤 The Chronicles of Life and Death

1996年アメリカ合衆国メリーランド州結成のパンクロックバンド。ポップパンク+ヒップホップ要素を含み若年層に人気

1. ONCE UPON A TIME: THE BATTLE OF LIFE AND DEATH
2. THE CHRONICLES OF LIFE AND DEATH
3. WALK AWAY
4. S.O.S.
5. I JUST WANNA LIVE
6. GHOST OF YOU
7. PREDICTABLE
8. SECRETS
9. THE TRUTH
10. THE WORLD IS BLACK
11. MOUNTAIN
12. WE BELIEVE
13. IT WASN’T ENOUGH
14. IN THIS WORLD (MURDER)
15. FALLING AWAY
16. WOUNDED


レビュー

Good Charlotteの3rdアルバム「The Chronicles of Life and Death」
前作とは路線変更でシリアスなロック色の強いアルバムとなってる

当時は2ndほど話題にあがらなかったけど、販売時期も悪かったかもね
丁度グリーンデイの「アメリカンイディオット」が話題独占状態
だったしその影に埋もれてしまった感がある

さて、中身はパンクというよりロックして考えたほうがいいかもです。
前作「Young & The Hopeless」のようにキャッチーな曲は影を潜め、
タイトルにあるよう「生と死」を題材にしたシリアスでダークな印象な一枚。

「Young & The Hopeless」が好きで同じような音期待している人にはハズれかも
まあ、かといってクソなのか?といえばそれは早計
即効性のあるキャッチーなメロディーはないけど、聴き込んでこそ真価がわかる1枚
(最初聴いた時はパッとしませんでしたが…)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す