B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Set It Off-Cinematicsのレビュー

Cinematics

アーティスト名 Set It Off(セット・イット・オフ)
発売日 2012/9/18
輸入盤 Cinematics

2008年に結成されたフロリダ州タンパ出身の5ピースポストハードコアバンド。オーケストラ調の独特な音楽性が特徴


1. Thoughts That Breathe
2. Nightmare
3. Swan Song
4. Plastic Promises
5. I’ll Sleep When I’m Dead
6. No Control
7. Dream Catcher
8. Freak Show
9. Distance Disturbs Me
10. Dad’s Song
11. I’d Rather Drown
12. The Grand Finale


Set It Offの1stアルバム「Cinematics」

My Chemical Romanceことマイケミの影響を受けていると言うだけあり
初聴では「ん?マイケミに似てる!?」と思う人も多いはず。

んじゃ、ただのコピーバンドなの?
と言われれば断じてNO。
歌い方などは似ているものの中身の音はとても独特。
では、さっそくアルバムの中身について。

一言で言うならエモポップにスクリーモを混ぜたダーク感漂うサウンド。
さらに弦楽器を混ぜたストリングス要素も混じるから度肝抜かれる(;・∀・)

え?意味わかんねぇーって??
じゃ、もっとシンプルに言えばエモいオーケストラだ。これならイメージしやすいだろう。
なんか複雑そうに思えるけど曲はキャッチーに仕上がっていてとても聴きやすい。

初聴では、1曲目「ん?マイケミっぽいな」2曲目「お!エモいイントロいいね
3曲目「え?オーケストラ!?」と次々と変化が見れる。
このように曲ごとにその色が変化するので単発じゃなくアルバム全体を聴いてみてほしい。
クラシック的要素も持ちあわせているので、Panic At The Disco好きな人にも相性良いかと。

好きな曲は
イントロのエモさが胸に突き刺さる3曲目「Swan Song」
オーケストラ炸裂の4曲目「Plastic Promises」
闇を突き破る光の如く爽快な7曲目「Dream Catcher」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す