B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

MAN WITH A MISSION-マン ウィズ ア ミッションのレビュー

MAN WITH A MISSION

アーティスト名 MAN WITH A MISSION
(マン ウィズ ア ミッション)
発売日 2011/6/8
国内盤 MAN WITH A MISSION

2010年に結成した国内の5人組ミクスチャーロックバンド。メンバーはすべて頭はオオカミ、身体は人間という外見をしている。


1. DANCEEVERYBODY
2. FLY AGAIN
3. SCENT OF YESTERDAY
4. NEVER FXXKIN’ MIND THERULES
5. RAIN OF JULY
6. HASTA LA VISTA
7. TRIUMPH OF THE DAY
8. NOTHING’S GONNNA CHANGE MY WAY
9. DON’T LOSE YOURSELF
10. WHITE WORLD

レビュー

MAN WITH A MISSIONの1stセルフタイトルアルバム。

生物学者ジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスによって生み出された
狼の頭をした究極の生命体!!といった設定。ってジミヘンてw

で、実際の正体って一体誰なの??って疑問は出てきますよね。

お面や覆面をするのはインパクトを出すためだったり、顔を隠すためのものですが、後者のだった場合の理由として考えられるのは別バンドのため顔を隠しておきたいってのも考えられますね。

新人にしては演奏うますぎるし、宣伝費のかけ方も
新人ではありえないレベルなんじゃないかと。
これはそれなりに実績がある人達だからこそなのでは?
と勘ぐってしまうのは仕方がない。
よくビークルのヒダカ氏やハスキンの磯辺氏なのでは?
みたいな噂が流れるほどですし。

まあ、個人的には正体はどうであれまずは曲(`・ω・´)
それでは、アルバムのレビューのほうを。

詩は英詩と日本詩の両方対応。
曲はどちらかと言えばロック寄りなミクスチャーでダンサブルなミドルテンポの
曲が目立つ感じですね。

また、ラップやエモ要素も混じっていてバラエティー豊富です。
曲はキャッチーで聴きやすいのですが、その分軽いためパンク寄りな人にとってもは
重みに欠けるかもですね。

「WHITE WORLD」のようなバラード曲は個人的には好きですけど。

好きな曲
ダンサンブルなロックテイストの1曲目「DANCEEVERYBODY」
こちらもダンスロックしているPV曲9曲目「DON’T LOSE YOURSELF」
日本詩のバラード曲10曲目「WHITE WORLD」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

“MAN WITH A MISSION-マン ウィズ ア ミッションのレビュー” への1件のフィードバック

コメントを残す