B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Face To Face-IGNORANCE IS BLISSのレビュー

IGNORANCE IS BLISS

アーティスト名 Face To Face(フェイス・トゥ・フェイス)
発売日 1999/7/27
輸入盤 Ignorance Is Bliss

1990年結成カリフォルニア州出身のパンクロックバンド。メロコアベースで俗に言う泣きコア的な存在。疾走感もありメロコアファンなら聴いておくべき。

1. Overcome
2. In Harm’s Way
3. Burden
4. Everyone Hates a Know-It-All
5. Heart of Hearts
6. Prodigal
7. Nearly Impossible
8. I Know What You Are
9. Devil You Know (God Is a Man)
10. Pathetic
11. Lost
12. Run in Circles
13. Maybe Next Time

レビュー

Face To Faceの4thアルバム「IGNORANCE IS BLISS」
パンクファンは今までのFace To Faceの期待が大きくブーイングされまくりの一枚

前作までの疾走感がなくなりエモ系に転換
エモというジャンルが人気が出てくるのがもうちょいあとの時代ですから、
時代を先取りして先取りしすぎた感じですかね。
(狙ったかどうかは解りませんが)

で、中身は…自分的にはパッとしません(´・ω・`)ウーン
やっぱFace To Faceの持ち味は疾走感ある曲のほうが合ってる気がします
前作にあったようなエモ調な感じならOKですが、今回は疾走感が完全に抜けてるんで。
自分はエモいのはちょい甘い感じのvoのほうが好きなのもあるけど

賛否両論のアルバムなんで、好きな人は好きだと思います。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す