B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Sum 41-Half Hour of Powerのレビュー

Half Hour of Power

アーティスト名 Sum 41
(サム・フォーティーワン)
発売日 2000/6/27
輸入盤 Half Hour of Power

1996年にカナダ・オンタリオ州エイジャックス出身のパンクバンド。バンド名の由来は夏休みの41日目に行ったワープド・ツアーで感銘を受けこの日から活動したことから夏の日の41日目(summer+41)=Sum41と命名。



1. Grab The Devil By The Horns **** Him Up The ***
2. Machine Gun
3. What I Believe
4. T.H.T.
5. Makes No Difference
6. Summer
7. 32 Ways To Die
8. Second Chance For Max Headroom
9. Dave’s Possessed Hair/It’s What We’re All About
10. Ride The Chariot To The Devil
11. Another Time Around

Sum 41のミニアルバム「Half Hour of Power」
サムと言えば「Fat Lip」収録の『All Killer No Filler』
のほうが注目されており、その前に出たこのEPは以外と知らない人も多いのでは?
かくいう自分もしばらく存在すら知りませんでしたw

そんなことはさておき中身を聴いてみると
なんとも自由なアルバムと言うのが第一印象。

メジャー前の作品だけあって自分達のやりたいことを
ほんと好き勝手やってる感じで荒々しさを感じます。

基本はメロコアになってますが、加えて今のサムの原型
とも言えるメタルな音や意外すぎるラップ曲なんかも収録されています。
実験的な一枚かもしれませんが、ライブでも頻繁に演奏される「Makes No Difference」や「Summer」などの光る曲が収録されているのもまた事実。

インストなんかも多いですが、スピード感があってサッと聴ける一枚です。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す