B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

HAWAIIAN6-The Grailsのレビュー

The Grails

アーティスト名 Hawaiian6(ハワイアンシックス)
発売日 2012/11/7
国内盤 The Grails

1997年に結成された日本のパンクロックバンド。メロコアファン納得の哀愁サウンドが響き渡る。バンド名でハワイアンな音楽と勘違いされがちだが音楽には一切関係ない

1. Rats On The Run
2. The Electric Wizards And The Lonely Humming Bird
3. The Chronicles
4. No Lights
5. Today
6. In My Life

レビュー

HAWAIIAN6のミニアルバム「The Grails」
前ベーシスト小鷹徹氏が脱退となり、新ベーシストに相坂亮介氏を迎えた一発目となるEP。
いきなりフルアルバムじゃなく、まずはEPで感触掴んでって感じですかね??

さて、メンバーチェンジで再出発となるハワイアン。気になる変化は!?
おおまかに言ってしまえば、メンバー変更による大きな変化はなく
いつもどおりのハワイアンといっていいかと。

ただ、ウリでもある哀愁部分がちょっと弱くなっていて全体的に
明るい曲調が聴いて伺える感じ。

マジックやフラワー聴いたときのようなガツーン来る曲はないものの
バランスの取れたEPでハズレではないです。
耳残りはちょいと弱いけど肩慣らしと考えてフル・アルバムに期待

買うか迷ってる人はPV曲「Today」聴いてご判断を。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す