B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Green Day-Dos!のレビュー

Dos!

アーティスト名 Green Day(グリーンデイ)
発売日 2012/11/13
国内盤 ドス!
輸入盤 Dos!

1987年たアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー結成のパンクロックバンド。ポップパンクを代表するバンドでパンク史においても外すことのできないバンド


1. See You Tonight
2. Fuck Time
3. Stop When The Red Lights Flash
4. Lazy Bones
5. Wild One
6. Makeout Party
7. Stray Heart
8. Ashley
9. Baby Eyes
10. Lady Cobra
11. Nightlife
12. Wow! That’s Loud
13. Amy

レビュー

Green Dayの10thアルバム「Dos!」
グリーン・デイ3部作の第2弾となります。

前作「Uno!」と比べると自分はUno!に軍配が上がります。
これはどっちが優秀とかじゃなく好みの問題なんですけどね。

今作はいろいろ実験的な感じで本来のグリーン・デイの持ち味とはまた異なった感じになっています。なんで個人的には正統派のUno!のほうが好み。

まず、初聴きするとそこに流れるのはカントリー・ミュージック(;・∀・)
そして次にはロカビリーサウンドが鳴り響き、さらに11曲目ではラッパーの
Lady Cobraを迎えてのグリーン・デイらしからぬ曲に。

と、まあこんな感じでパンク以外の音をふんだんに取り入れた大人しめの
一枚になっていて、グリーン・デイの中でも異色の一枚。
そのため、好みはだいぶ分かれるんじゃないかと。

3部作はそれぞれの雰囲気を変えてつくれていて、3枚で1枚のアルバムって
感じなんで、残りの「Tre!」に期待しましょう。

好きな曲は
ポップでいて切なさを感じさせる4曲目「Lazy Bones」
初期グリーン・デイを匂わすシングル曲の7曲目「Stray Heart」
同じ理由であとは8曲目「Baby Eyes」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す