B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

BRAHMAN-ETERNAL RECURRENCEのレビュー

ETERNAL RECURRENCE

アーティスト名 BRAHMAN(ブラフマン)
発売日 2009/6/10
国内盤 ETERNAL RECURRENCE

1995年に結成された日本のパンクロックバンド。メロコアベースに加え民謡などの民族音楽を取り入れた独自音楽を展開。日本パンクシーンでこのバンドはハズせない

1. THAT’S ALL
2. THERE’S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE
3. ANSWER FOR…
4. NEW SENTIMENT
5. TONGFARR
6. GOIN’DOWN
7. CHERRIES WERE MADE FOR EATING
8. NO LIGHT THEORY
9. HIGH COMPASSION
10. SEE OFF
11. 時の鐘
12. ARTMAN
13. BEYOND THE MOUNTAIN
14. RESULT OF NEXT
15. THE SAME
16. GREAT HELP
17. ROOTS OF TREE

レビュー

BRAHMANのセルフカヴァーアルバム「ETERNAL RECURRENCE」
「A MAN OF THE WORLD 」以前のアルバム(ミニ含む)
の曲に自己アレンジを加えた全曲再録したもんです。
ちなみに限定盤にはバンドスコアが付いてます

以前所属してたレーベルのトラブルにより「A MAN~」
も廃盤となりその辺の理由から出たようです
詳しくはこちら

正直「A MAN~」以前の「group our way 」と「WAIT AND WAIT」
の音質はかなり悪かったのでブラフ好きとしては再録は嬉しいところ。

さて、肝心の中身ですが、音質向上、技術向上してるだけありとても(・∀・)カコイイ

ただ以前の音に慣れてる自分にとっては、前のほうがいいなぁーと思う演奏もチヤホラ
あと歌い方も前のほうが好きだわ。

ブラフは初期の頃でも十分完成度高いので、再録するだけでも個人的には満足かも

なんだかんだ言ってもブラフ好きなら買っておいて損はない
追伸・・・ボーナストラックは「FLYING SAUCER」です

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す