B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

We Are The In Crowd-Guaranteed to Disagreeのレビュー

Guaranteed to Disagree

アーティスト名 We Are The In Crowd
(ウィ・アー・ジ・イン・クラウド)
発売日 2010/6/8
国内盤 ギャランティード・トゥ・ディスアグリー
輸入盤 Guaranteed to Disagree

2009年にアメリカニューヨークにて結成したエモ、ポップ・パンクバンド。男女ツインヴォーカルの爽やかヴォイスが特徴的。


1. Carry Me Home
2. Never Be What You Want
3. Both Sides Of The Story
4. Lights Out
5. We Need A Break
6. For The Win
7. Calendar Pages

We Are The In CrowdのEP「Guaranteed to Disagree」
All Time Lowの同レーベル「HOPELESS RECORDS」からデビューの
男女ツインヴォーカルが一際光るエモポップバンドです。

All Time Lowとも系統的に近くツアーなども一緒に回ってる
のでAll Time Low好きなら目に止まってる人も多いかと。

自分は1stアルバムを聴いて一発で惚れその後に聴いたのがこのEP。
1stがあまりにも良かったので、期待が大きすぎて正直聴く順番間違えた
というのが最初の印象ですね(;^ω^)

曲はポップでキャッチーなので、すんなり聴き入れるそんなアルバムです。
ただ1st聴いたあとだとちょっと物足りなさを感じてしまうのもたしか。

最初のこちらのEP聴いていれば「次回作も買おっと☆彡」と思える
一枚でポップ好きなら耳に引っかかると思います。

好きな曲は
CARTELのWillをゲストヴォーカルに迎えた2曲目「Never Be What You Want」
エモーショナルな3曲目「Both Sides Of The Story」
軽快なリズムが心地良い4曲目「Lights Out」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す