B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Strung Out-Suburban Teenage Wasteland Bluesのレビュー

Suburban Teenage Wasteland Blues

アーティスト名 Strung Out
(ストラングアウト)
発売日 1996/6/11
輸入盤 Suburban Teenage Wasteland Blues

1989年にカリフォルニアにて結成したパンク・ロックバンド。NOFXのファット・マイクに見出されてFATレーベルに参加。パワフルでスピーディーなメロコアが基調となっておりFAT最速と囁かれるこことも。


1. Firecracker
2. Better Days
3. Solitaire
4. Never Good Enough
5. Gear Box
6. Monster
7. Bring Out Your Dead
8. Rottin’ Apple
9. Radio Suicide
10. Somnombulance
11. Six Feet
12. Speed Ball
13. Wrong Side Of The Tracks

Strung Outの2ndアルバム「Suburban Teenage Wasteland Blues」

ストラングアウトで初めて聴いたのがこのアルバムでしたが、これが最初で
良かったと思えるほどいい出来栄えです。

前作のデビューアルバムとはもはや別バンド??って思えるほど驚異的な
伸びを見せてくれていて、ストラングアウトとしての形ができた一枚かと
思います。

曲の路線は変わらず高速メロコアなんですけど、テクニックはもちろん
メロディーが大幅に強化されていています。
速くそしてメタリックなギターを踏まえた明るいメロディーがワクテカさせてくれます。

ストラングアウトの中でもNO1として挙げる人も多いアルバムなので
是非これだけは聴いてほしいですね。

好きな曲は
会心の一撃と言わざるをえないパワー全開な1曲目「Firecracker」
小刻みな音が小気味よい2曲目「Better Days」
ちょw速すぎ!9曲目「Radio Suicide」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す