B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Sum 41-Chuckのレビュー

Chuck

アーティスト名 Sum 41
(サム・フォーティーワン)
発売日 2004/10/12
国内盤 チャック
輸入盤 Chuck

1996年にカナダ・オンタリオ州エイジャックス出身のパンクバンド。バンド名の由来は夏休みの41日目に行ったワープド・ツアーで感銘を受けこの日から活動したことから夏の日の41日目(summer+41)=Sum41と命名。


1. Intro
2. No Reason
3. We’re All To Blame
4. Angels With Dirty Faces
5. Some Say
6. The Bitter End
7. Open Your Eyes
8. Slipping Away
9. I’m Not The One
10. Welcome To Hell
11. Pieces
12. There’s No Solution
13. 88

Sum 41の3rdアルバム「Chuck」
前作の流れをくんでいるものの、さらにメタル色が強くなった一枚です。
もう1stの頃のポップなイメージが無くなってしまいましたねw
なので、1st好きでメタル苦手な人には合わないかもです。

さて、このアルバム以前から所々に見え隠れしていたサムのメタルな
部分が全面に出てきている一枚です。
とは言えコテコテのメタルではなくメタル+メロコアといった感じで
聴きやすい部類なんで、まずは試聴して試してほしいですね。

アルバムのタイトル「チャック」については彼らがドキュメンタリー撮影のために訪れたコンゴにて戦争に巻き込まれた際、救ってくれたのがチャックという人物。それがタイトルの由来だそうです。

好きな曲は
誰もが認める鉄板曲2曲目「No Reason」
シングルカットされた静と動が魅力の3曲目「We’re All To Blame」
勢いのあるぶっ壊れた暴走車のような10曲目「Welcome To Hell」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す