B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Slipknot-ALL HOPE IS GONEのレビュー

ALL HOPE IS GONE

アーティスト名 Slipknot(スリップノット)
発売日 2008/8/26
国内盤 オール・ホープ・イズ・ゴーン
輸入盤 All Hope Is Gone (Clean)

1995年に結成したアメリカ合衆国アイオワ州デモイン出身のヘヴィメタルバンド。メンバーが9人の大所帯でそれぞれが異なるマスクをしていることでも有名。


1. .Execute.
2. Gematria (The Killing Name
3. Sulfur
4. Psychosocial
5. Dead Memories
6. Vendetta
7. Butcher’s Hook
8. Gehenna
9. This Cold Black
10. Wherein Lies Continue
11. Snuff
12. All Hope Is Gone

Slipknotの4thアルバム「ALL HOPE IS GONE」
アルバムを重ねる毎に作風が徐々に変化してきた
スリップノットの4枚目。気になる中身はいかようか!?

最初に聴いた感想を言えばヘヴィーな音よりメロディーを重視した音が多く
3rdの延長上といった印象。
特に目新しい変化があるわけではなくいまいちパッとしません↓

その背景にはスリップノットというネームが乗っかってるのも理由の
一つかと思います。それだけ1stが強烈すぎました。
あの作品がある限りどうしても比較してしまう。
これが新人バンドのアルバムであればもう少しいい評価をしていたはず。

まあ、それを差し引いてもアルバムを重ねるごとに初期の変態的な
狂気に満ちたあのサウンドは薄れるばかりですが…

itunusのお気に入りに入るのは辛うじて以下3曲。
頭の2曲目に持ってくる攻撃的な「Gematria 」
サビがキャッチーで馴染みやすい3曲目「Sulfur」
アルバムタイトル曲となる12曲目「All Hope Is Gone」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す