B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

スコット・マーフィー-GUILTY PLEASURES BESTのレビュー

GUILTY PLEASURES BEST

アーティスト名 スコット・マーフィー
発売日 2011/11/16
国内盤 ギルティ・プレジャーズ ベスト

ALLiSTERのボーカル・ベーシスト。ALLiSTERの活動休止にともないソロ活動を開始。基本的にはJ・POPを日本語でカヴァーするスタイル


1. ドラえもんのうた
2. 乾杯
3. どんなときも。
4. LOVEマシーン
5. First Love
6. 15の夜
7. 未来予想図II ~VERSION’07~
8. SAY YES
9. 夢をあきらめないで
10. ゆめいっぱい
11. 川の流れのように
12. なごり雪
13. THRILLER
14. BEAT IT
15. サザエさん
16. はじめてのチュウ
17. チェリー (新録Ver.)
18. 島唄 (新録Ver.)
19. 楓 (新カヴァー曲)
20. 冬がはじまるよ (新カヴァー曲)
21. I DON’T TO MISS A THING (新カヴァー曲)

レビュー

スコット・マーフィーの初のベストアルバム「GUILTY PLEASURES BEST」
今までの人気のあるカヴァーに加えてアリスター時代の新録カヴァーと
ベスト用の新カヴァー曲まで収録してあるボリューム満点の21曲。

内訳を見てみると
J・POP14曲、アニソン4曲、洋楽3曲の計21曲。
洋楽カヴァーについては原曲同様に英詩となりそれ以外はすべて日本語で歌ってます。

今までのアルバム持っている人は購入に躊躇するかもしれませんが、
新録と新カヴァーは合わせて5曲もあるし、購入理由に十分になりえます。
よくあるベストのオマケ的にある曲とは違い普段のカヴァーに十分使えるレベル。

ちなみに「チェリー」、「島唄」はアリスター時代に発表した元祖
「GUILTY PLEASURES」に収録されていた曲となります。
↓PV「楓」はスピッツのカヴァー。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す