B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Fact-burundangaのレビュー

burundanga

アーティスト名 Fact(ファクト)
発売日 2012/1/11
国内盤 burundanga

1999年に結成された日本のカオスティックバンド。ハードコア、エモ、スクリーモ、メタルなどなんでもあり。ギター、ヴォーカルも複数いて変則的な高クオリティなサウンドに中毒性あり

1.FOSS
2.1000 miles
3.pink rolex
4.melt
5.tonight
6.polyrhythm winter
7.狂
8.eighty six
9.crying
10.mimic
11.1-4
12.GSMD
13.temptation
14.give up – 日本盤 Bonus Track –
15.empty mind – 日本盤 Bonus Track –

レビュー

Factの5thアルバム「burundanga」
メジャー後フルアルバムとしては3枚目。

メンバー自身、最高傑作と公言する今作の出来栄えはいかに!?

初聴では、以前よりさらにポップになり、やけにデジタル音が目立つように
なり、ウリの一つであるスクリーム要素も薄く若干の違和感を覚えました。

曲はポップでたしかに聴きやすいのですが、その割に一発でズシンとくる
キラーチューンがあるわけでもなく「あれ?」と肩透かし食らったのが
最初の印象ですね(;^ω^)

一般受け重視したならお粗末なわけですが、実際お粗末なのは自分の耳でしたw
3~4回聴いていると耳に馴染んできて気がつけばリピってる自分がいます。
「fact of life」ほどの強力な中毒性まではいきませんが、アルバムを一枚
として見た場合、最高傑作とメンバーが言うのも納得です。

初期の頃の激しいが好きなひとには物足りなさを感じるかもしれませんが、ポップ
になったとはいえ飽きのこないfactサウンドは健在。

好きな曲は
1曲目「FOSS」3曲目「pink rolex」8曲目「eighty six」


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す