B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Evanescence-Fallenのレビュー

Fallen

アーティスト名 Evanescence
(エヴァネッセンス)
発売日 2003/3/4
国内盤 フォールン
輸入盤 Fallen


1998年結成アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のゴシックメタルバンド。ミドルテンポで重みのある音が魅力的。そしてなによりエイミーの響く歌声は必聴

1. Going under
2. Bring me to life
3. Everybody’s fool
4. My immortal
5. Haunted
6. Tourniquet
7. Imaginary
8. Taking over me
9. Hello
10. My last breath
11. Whisper


レビュー

Evanescenceの1stアルバム「Fallen」
映画「デアデビル」のサントラとして使われ当時話題先行の商業音楽だろ?
と思っていたが聴いてみてやられましたw

ダーク系ミドルテンポの重い音がメインでピアノがいい味出しています。
女ヴォーカル系あんま聴かないけど、エイミーの力強く透き通る声はアリですね

さて、やっぱまず耳がいくのは、2曲目「Bring me to life」でしょうね。
全体で見ると前半の「Going under」、「My immortal」
などはいいんですけど全部通して聴いてるとダレます↓

女リンキンなんて言われてるだけあり前半曲は系統が近いのもありますが、
後半戦はゴシック系が好きな人じゃないと飽きてくる感じかも。

今はなき冬フェス「ソニックマニア」で見た時は途中暴れる曲も
なくまったり過ぎて眠くなりました…Zzz

アップテンポのパンク系を求めてる人は全部受け入れられないかと。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す