B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

スコット・マーフィー-GUILTY PLEASURES ANIMATIONのレビュー

GUILTY PLEASURES ANIMATION

アーティスト名 スコット・マーフィー
発売日 2011/6/29
国内盤 GUILTY PLEASURES ANIMATION

ALLiSTERのボーカル・ベーシスト。ALLiSTERの活動休止にともないソロ活動を開始。基本的にはJ・POPを日本語でカヴァーするスタイル

1. サザエさん 
2. おどるポンポコリン 
3. はじめてのチュウ 
4. ブルーバード feat.ぱすぽ☆ 
5. ルパン三世のテーマ’78 
6. タッチ 
7. 創聖のアクエリオン 
8. 君をのせて 
9. およげたいやきくん
10. Bonus Track:世界の果てへ ~Around The World【~Scott Murphy Original Song】

レビュー

スコット・マーフィーのカヴァー・アルバム「GUILTY PLEASURES ANIMATION」
今作はアニソン一色のカヴァー集
(+スコットオリジナル1曲)

人気アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」とのコラボと
なっており、選曲の一部は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のキャラが
選出(創聖のアクエリオン、ルパン三世のテーマ’78)

さて、その選曲。全体的にパッと見るとかなり年代幅広いですねw
どちらかと言えば90年代以前の作品がメインになってます。

アルバムの中で気になったのは「ルパン三世のテーマ’78」
ヴォーカルなしのインスト曲なんですけど、電子的なシャープな音で
普段のスコットとはまったく結びつかない音を出してます。
自分的には全然アリなので、今後ともやってほしいと願うところ。

あとはPV化?もされている「はじめてのチュウ」
ハイスタが過去にカヴァー化しているため2番煎じ感あるかもしれないけど
これもスコットの色が出てるので悪くはないです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す