B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

スコット・マーフィー-Balanceのレビュー

Balance

アーティスト名 スコット・マーフィー
発売日 2009/8/5
国内盤 Balance

ALLiSTERのボーカル・ベーシスト。ALLiSTERの活動休止にともないソロ活動を開始。基本的にはJ・POPを日本語でカヴァーするスタイル

1. What If
2. Decoder Ring
3. Winter Wasteland
4. Fire at Will
5. The Distance
6. Goodbye
7. Press Play
8. Live Till You Die
9. Hanging by a Thread
10. Overboard
11. 僕のあやまち~Falling Apart~ (ボーナストラック)

レビュー

スコット・マーフィーのソロアルバム「Balance」
ソロ初となるオリジナルアルバムで今までのように
日本のカヴァーでもなければ、日本語曲メインでもありません。

スコットと言えば日本のカヴァーと思っている人もいるかも
しれませんが、元々はアリスターのボーカル・ベーシストです。
そのため、こっちのほうが本業と言えるかと(;^ω^)

今作は「Guilty Pleasures」シリーズの流れでカヴァーにしか興味ない人
からすれば興味を引かない一枚かも知れません。
逆に、カヴァーは興味ないけど元々アリスターが好きな人には
興味持たれる人は少なからずいるかと思います。

気になるアルバムの中身はアリスターファンがすんなり入れる
メロディアスな王道メロコアとなります。
最後のボーナストラック「僕のあやまち~Falling Apart~」については
前作「Guilty Pleasures 3」のスコットオリジナル曲(英詩ver)の逆で日本語verで歌ってます。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す