B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

The Red Jumpsuit Apparatus-Am I the Enemyのレビュー

Am I the Enemy

アーティスト名 The Red Jumpsuit Apparatus

(ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタス)
発売日 2011/8/29
国内盤 アム・アイ・ジ・エナミー
輸入盤 Am I the Enemy

2001年に結成したアメリカ合衆国、フロリダ州ジャクソンビル出身のポスト・ハードコアバンド。


収録曲
1. Salvation
2. Reap
3. Wake Me Up
4. Am I The Enemy
5. Dreams
6. Dive Too Deep
7. Where Are The Heroes
8. Angel In Disguise
9. Dont Lose Hope
10. Fall From Grace
11. Choke
12. Reap (Radio Edit)


The Red Jumpsuit Apparatusの3rdアルバム「Am I the Enemy」

原点回帰!?
とまではいかずとも1stの頃のような攻撃力が戻ってきている3枚目。
前作のポップな面はどこへやら?反転しヘヴィーな音に一変している
ため前作不評な人でも聴く価値ありです。

今作はエモ+オルタナといった感じですかね。
ハイトーンなエモーショナルなヴォーカルに切なくヘヴィーな
サウンドをのせています。スクリーモは1stのころのように、ほんの
味付け程度で大きく強調されてはいません。

スクリーモ曲でありリード曲でもある「Reap」を聴いた時は
かなり微妙でしたが、同スクリーモ曲「Choke」は普通に
カッコよくてオススメ。個人的にはリード曲聴くなら「Choke」
のほうを先に聴いたほうがアルバム購入する気になるかと思います。

好きな曲は
3曲目「Wake Me Up」7曲目「Where Are The Heroes」
11曲目「Choke」←サビにもう一味ほしいところ(><)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す