B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Rancid-RancidⅤのレビュー

RancidⅤ

アーティスト名 Rancid(ランシド)
発売日 2000/8/1
国内盤 ランシド V
輸入盤 Rancid 2000

1991年にアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレーで結成したパンクロックバンド。スカコアを軸にハードコア、レゲエなど幅広い音楽性を持つ

1. Don Giovanni
2. Disgruntled
3. It’s Quite Alright
4. Let Me Go
5. I Am Forever
6. Poison
7. Loki
8. Blackhawk Down
9. Rwanda
10. Corruption
11. Antennas
12. Rattlesnake
13. Not To Regret
14. Radio Havana
15. Axiom
16. Black Derby Jacket
17. Meteor Of War
18. Dead Bodies
19. Rigged On A Fix
20. Young Al Capone
21. Reconciliation
22. GGF


Rancidの5thアルバム「RancidⅤ」
ランシドの中でももっともハードな一枚でしょう。

前作のレゲエ、スカはどこへやら?

今作は1stをさらにパワーアップさせたと表現するに
ふさわしいハードなパワー感が溢れており
硬派なランシドはここにあり!って感じですね。

ただ誤解なきよう書いておくと俗に言われるコテコテの
ハードコアって感じではなくメロディーありきのハードな曲です。
自分はあまりゴリゴリ過ぎるのは好きじゃありませんが、このアルバム
は全然問題ありません。

あと、特筆すべきはとにかく速い!
また曲間に間がほぼないため区切りがない地続きな感じです。
fast系が好きな人には堪らないパンクな一枚かと。

好きな曲はメロい曲寄りですけど…
3曲目「It’s Quite Alright」8曲目「Blackhawk Down」
14曲目「Radio Havana」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す