B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Paramore-Final Riotのレビュー

Final Riot

アーティスト名 Paramore(パラモア)
発売日 2008/12/1
国内盤 ザ・ファイナル・ライオット
輸入盤 Final Riot (W/Dvd)

2004年に結成したアメリカ合衆国テネシー州出身ロックバンド。エモ系には珍しい女性ヴォーカルで繊細でいて力強い歌声が人気を集める。

1. Born For This
2. That’s What You Get
3. Here We Go Again
4. Fences
5. crushcrushcrush
6. Let The Flames Begin
7. When It Rains
8. My Heart
9. Decoy
10. Pressure
11. For A Pessimist, I’m Pretty Optimistic
12. We Are Broken
13. Emergency
14. Hallelujah
15. Misery Business


レビュー

Paramoreのライブアルバム「Final Riot」
パラモア初となるライブCDとなりシカゴのriotツアーファイナルの音源

歌を聴かせるバンドはライブの時に真価が問われますが
そこはヘイリーさすがの一言です。

中身については9曲目「Decoy」が未発表曲かな?
あとは1st,2ndからの選曲になります。
気になる点は曲によっては、演奏のバランスがちょいと
悪かった点くらい。
(ドラムの音が大きすぎだったり)

それ以外は選曲も言うことないし、ライブ感が伝わる一枚です。



1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す