B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Fear, and Loathing in Las Vegas-NEXTREMEのレビュー

NEXTREME

アーティスト名 Fear, and Loathing in Las Vegas
(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)
発売日 2011/7/13
国内盤 NEXTREME

2008年に結成された日本の6人組スクリーモバンド。エレクトロニカ+スクリーモ+メタル+ハードコアなど電子音を駆使し多彩な音を奏でる。クリアヴォイス+デスヴォイスのツインヴォーカルも必聴

1. Chase the Light!
2. Jump Around
3. The Answer for Unequal World
4. Shake Your Body
5. Believe Yourself
6. interlude
7. Short but Seems Long,Time of Our Life

レビュー

Fear, and Loathing in Las Vegasのミニアルバム「NEXTREME」
デビューアルバムで大きな可能性を見せ、期待感高まる一枚

アニメ「逆境無頼カイジ 破戒録篇」の主題歌になったことも手伝い
知名度もグングンあがってきてますね。

ちなみにカイジのOP曲は1曲目の「Chase the Light!」
お得意のファミコン音wから始まりシャウトと共に一気にハイテンションへ!
最初のデスヴォイスパートは超モッシュゾーン。
サビも1回しかなく、変則的で聴き手を飽きさせない曲です。

今作は日本語詩を取り入れたり「Short but Seems Long,Time of Our Life」
のようにピアノを加えたスローナンバーなど幅の広がりを魅せる一枚。

もちろんクリア+デスのツインヴォーカルは健在。スクリームパートも聴き応え十分。
若さに任せて勢いのまま突っ走るとおもいきやいい意味で期待を外してくれました。

簡単にまとめると今作本命の変則曲「Chase the Light!」
ポップでキャッチーな「Jump Around」スクリーム全開な「The Answer for Unequal World」
エレクトリックな「Shake Your Body」日本語詩の切ない「Believe Yourself」
トランス系インスト「interlude」スローでエモい「Short but Seems Long,Time of Our Life」といった所

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5 投票, 平均値/最大値: 3.40 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す