B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

BEAT CRUSADERS-NIGHT ON THE PLANETのレビュー

NIGHT ON THE PLANET

アーティスト名 BEAT CRUSADERS(ビートクルセイダーズ)
発売日 2007/1/17
国内盤 NIGHT ON THE PLANET

1994年に結成された日本のバンド。POPでメロディックな聴きやすい音に加えカヴァーも多く手がけているので受け入れやすいバンド。愛称は「ビークル」

1. FAIRY TALE
2. DEAD SONG
4. OVER KILL
5. SECOND THAT EMOTION
6. MONOLOGUE IN MY HEART


レビュー

BEAT CRUSADERSの第3弾スプリットアルバム
今回は, ASPARAGUSとコラボ。

前作はちょい微妙だったけど、今作は当たりですね
やっぱ系統が近いバンドのほうが、いい感じにかみ合ってます

ただ、このアルバムはアスパラガスがビークルを食ってますねw
これ聴くとビークルよりアスパラガスのほうに目が行くことと思います

1曲目「FAIRY TALE」のメロディーは絶品なので買って損はないアルバムです

オマケ情報としてアスパラガスは木村カエラに曲提供も
しているのでJ.POPファンにも受け入れやすいかと。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す