B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

BEAT CRUSADERS-CELL No.9のレビュー

CELL No.9

アーティスト名 BEAT CRUSADERS(ビートクルセイダーズ)
発売日 2006/10/11
国内盤 CELL No.9

1994年に結成された日本のバンド。POPでメロディックな聴きやすい音に加えカヴァーも多く手がけているので受け入れやすいバンド。愛称は「ビークル」

1. STATIC BITER
2. FREEDOM
3. JAPANESE GIRL
4. 5 UGLIES FATTY HEAD
5. CRUSH ON HYDRA
6. DROOG IN A SLUM


レビュー

BEAT CRUSADERSの第2弾スプリットアルバム
今回はトロピカルゴリラとコラボ。

トロゴリ聴いたのはこれが初めてですが、ビークルとは対極なゴリゴリ系ですね
その2バンドがいかように組み合わさるのか?

う~ん自分的にはちょい微妙。騒がしければいいっともんじゃないし
まとまり感がないように思う。
3曲目「JAPANESE GIRL」なども原曲台無しw

ちなみに2曲目「FREEDOM」はX-TRAIL JAM 2006のテーマソング

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す