B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

One Minute Silence-One Lie Fits Allのレビュー

One Lie Fits All

アーティスト名 One Minute Silence
(ワン・ミニット・サイレンス)
発売日 2003/7/9
輸入盤 One Lie Fits All

1994年にイギリスのロンドンで結成したミクスチャーバンド。ラップメタルを主とした重厚感のあるサウンドは圧感

1. Fistful Of Nothing
2. Revolution
3. I Wear My Skin
4. The Way Back
5. We Bounce
6. You So Much As Move
7. The Price Of The Kings Ticket
8. Into Our Own
9. A Song About
10. The Hill Is A Whole
11. Representing The Poor Man
12. Enhanced elements for Revolution; We Bounce; I Wear My Skin


レビュー

One Minute Silenceの3rdアルバム「One Lie Fits All」
3年ぶりとなる新作にしてラストアルバムとなり、これを最後に解散

今までのようなうねる音がすっかり影を潜め、ダークでメロウなアルバムになっています。
聴きやすさだけで言えば3枚の中で一番聴きやすいかもしれませんが、
ファンがワンミニットに求めてるのは多分1stのような音だと思います。

自分も3枚の中で選ぶなら1stを選びますし、正直パッとしない一枚です。
元々この路線ならともかく、この変わり様は「1stはいったいなんだったのだ…」
と思えてしまいます。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す