B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

The Offspring-Splinterのレビュー

Splinter

アーティスト名 The Offspring(ジ・オフスプリング)
発売日 2003/12/9
国内盤 スプリンター
輸入盤 Splinter

1984年に結成アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡出身の世界的に有名なパンクバンド。メロコアの中でも抜きん出たハイテンションな極上サウンドは必聴

1. Neocon
2. The Noose
3. Long Way Home
4. Hit That
5. Race Against Myself
6. (Can’t Get My) Head Around You
7. The Worst Hangover Ever
8. Never Gonna Find Me
9. Lightning Rod
10. Spare Me The Details
11. Da Hui
12. When You’re in Prison


レビュー

The Offspringの7thアルバム「Splinter」
前作より実に3年ぶりとなるフルアルバムで、期待感高まる一枚でしたが…

オフスプといえばアルバムの安定感に定評があり、基本的にハズレがない。
ただ今作はハズレまではいかずとも今までのアルバムと比べ聴劣りします↓
今までのアルバムの完成度が異様に高かったため、比較するのは酷なのかもしれませんが。

中身は、オフスプの疾走感はどこへやら?
ミドルテンポの曲が多くパンクとしてはインパクトに欠けます。
また、前作までの陽気な曲も影を潜め
(「The Worst Hangover Ever」みたいな明るいレゲエ調の曲もあるけど)
どちらかと言えば「Smash」の頃のような硬派な感じにポップ感を混ぜた感じです。

正直耳残りする曲が少なく、唯一i tunesのお気に入りに入れたのがシングルカットされた4曲目。
ミドルテンポにエレクトロニカを少し混ぜた「Hit That」
11曲目初期のオフスプを彷彿させるパンクナンバー「Da Hui」ぐらいですかね。

まず、言えるのがオフスプで一番最初に聴くアルバムではないです。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す