B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

No Use For A Name-Keep Them Confusedのレビュー

Keep Them Confused

アーティスト名 No Use For A Name
(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)
発売日 2002/6/18
輸入盤 Keep Them Confused

1987年に結成。アメリカ合衆国,カリフォルニア州,サンノゼのメロコアバンド。アメリカで幅広い年代から支持されるベテランバンド

1. Part Two
2. There Will Be Revenge
3. For Fiona
4. Check For a Pulse
5. Divine Let Down
6. Black Box
7. Bullets
8. Failing is Easier (Part Three)
9. Apparition
10. It’s Tragic
11. Killing Time
12. Slowly Fading Fast
13. Overdue


レビュー

No Use For A Nameの8thアルバム「Keep Them Confused」
前作「Keep Them Confused」より3年ぶりとなる今作。
前作が大作だったので期待しすぎたファンも多かったと思います。

今作は曲の雰囲気を例えるなら6枚目「More Betterness!」と
7枚目「Hard Rock Bottom」の中間的な位置づけ。

基本7枚目の流れを継いではいますが、疾走感は抑えつつマイルド
になり哀愁漂うサウンドもどちらかというとクリアな感じになってます。

どちらかと言うとエモ寄りで泣きと言うより綺麗な曲。
若干の変化ではありますが、前作のイメージが強すぎて
この辺で受け付けない人も多いのかもしれませんね。

好きな曲は2曲目「There Will Be Revenge」3曲目「For Fiona」
10曲目「It’s Tragic」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す