B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

No Use For A Name-More Betternessのレビュー

More Betterness

アーティスト名 No Use For A Name
(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)
発売日 1999/10/5
輸入盤 More Betterness

1987年に結成。アメリカ合衆国,カリフォルニア州,サンノゼのメロコアバンド。アメリカで幅広い年代から支持されるベテランバンド

1. Not Your Savior
2. Life Size Mirror
3. Chasing Rainbows
4. Lies Can’t Pretend
5. Why Doesn’t Anybody Like Me?
6. Sleeping In
7. Fairytale of New York
8. Pride
9. Always Carrie
10. Let It Slide
11. Six Degrees From Misty
12. Coming Too Close
13. Saddest Song
14. Room 19


レビュー

No Use For A Nameの6thアルバム「More Betterness」
ノーユースで初めて聴いたアルバムです。

以前のノーユースと比べガラッと曲調が変わりファンには賛否両論ですが、
これが初聴の自分は先入観なく聴けたので逆にこれが最初の一枚で良かったと思ってます。

ファンの中にはガッカリって人も多いみたいだけど、その理由は以前までの疾走感はどこへやら?
角が取れて思いっきり丸っこくなったと表現できます。
メロコアと言うよりはエモ化しており前作の力強さも消え去りマイルドすぎる出来栄えです。

転換期ともいえるこのアルバムの変化は初期から
聴いている人にはさすがにギャップが激しすぎですね…
「だから駄作なの?」って話ですが、自分は初めて聴いた時は当たりアルバム認定でした。
(当時は元からこーゆーバンドだと思ってましたし)

曲自体はとても綺麗で泣けるメロです。
たしかに音が軽いため物足りなさも若干感じますが、これはこれでOKだと思ってます。
エモ系が好きな人に好まれる一枚かと。

好きな曲は1曲目「Not Your Savior」5曲目「Why Doesn’t Anybody Like Me?」
12曲目「 Coming Too Close」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す