B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

No Use For A Name-Don’t Miss the Trainのレビュー

Don't Miss the Train

アーティスト名 No Use For A Name
(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)
発売日 1992年
輸入盤 Don’t Miss the Train

1987年に結成。アメリカ合衆国,カリフォルニア州,サンノゼのメロコアバンド。アメリカで幅広い年代から支持されるベテランバンド

1. Born Addicted
2. Thorn In My Side
3. Looney Toon
4. Tollbridge
5. Hole
6. Another Step
7. Don’t Miss The Train
8. Watching
9. Punk Points
10. Tan In A Can
11. Death Doesn’t Care
12. Get Out Of This Town


レビュー

No Use For A Nameの2ndアルバム「Don’t Miss the Train」
ジャケが怖い、苦しそうな歌声で有名な一枚w

前作に引き続きハードコア調、今作は疾走感が大幅にパワーアップし終始突っ走ってる一枚です。
音もハードコア寄りではあるもののゴリゴリ系ではなく比較的軽め。
線引きは難しいもののハードコアとメロコアの間+疾走系と言ったほうが解りやすいかな。
それに加えメタルな匂いも混じってます。

ノーファンに負けず劣らず速いアルバムなので、気がつくと聴き終わってる感じです。
ただ耳残りする曲があまりない…
しいて言えばアルバムタイトルの7曲目「Don’t Miss The Train」
がある意味耳残りする曲ですが。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す