B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

パンクスプリング2011の直前情報。これだけは聴いておけ特集

2011年4月3日開催(東京)PUNKSPRING(パンクスプリング)
通称パンスプも残り1ヶ月切りました。
https://www.punkspring.com/11/index.html
公式サイトはこちらです

なのでここいらで自分が見たいバンドのめぼしい曲でもまとめてみようかと思います。
初心者向けのベタな曲など3曲ぐらいづつ適当に動画でも貼っつけていこうかと。

あくまで今回は自分が見るバンドまとめなので、出演バンドすべてを
紹介するものではないのであしからず(-_-)

その前にパンクスプリング初めての方向けに簡単なアドバイスでもしてみましょう。

パンクスプリングの服装

基本的な事は以前にまとめた

パンクのライブやフェス初心者向け。心得やノリ方など

を参照ください。

パンクスプリングはその名の通り春フェスですが、以外とまだまだ寒い時期だったりします。

基本はハーパン、Tシャツなど動きやすい格好が良いわけですが外での
待ち時間この格好は以外と堪えますので注意しましょう。
前のほうで暴れる人はライブ始まるまでの我慢、後ろで見る人は寒さ対策した格好で問題ありません。

意外と大事なポイントは靴。人が多いため靴紐踏まれて靴が脱げて人ごみに飲まれたorz
なんて、ケースも多いので靴は家に帰るまで外れないぐらいの気持ちでガッチリ固めておきましょう。

また、ライブ中は壊れ物や貴金属などはすべて外していきましょう。
破損の恐れがあるばかりか周りの人に傷をつけてしまうケースもありますので。

その他注意点

水分補給はこまめにし、疲れたらしっかり休みましょう。

お金は使う分だけ持ってあとはロッカー等に預けておきましょう。
(飯+ドリンク代。酒飲む人は多めに)

また、酒入れてテンション上がるのは良いのですが、
飲み過ぎて暴れるとゲロ吐きそうになるので要注意!ライブ中にぶちまけちゃイカンです。

あとはタイムテーブルちゃんと把握しておき見たいバンドの順番把握しておくくらいかな?

個人的注目バンド

前置き長くなりましたが、ここから個人的に見たいバンドのピックアップ曲
でも並べてみたいと思います。

タイムテーブルまだ出てませんが多分何バンドかかぶるだろうから見れそうな所を適当に。
注>動画をたくさん載せているためページを開くのに時間がかかります。

AA=

MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士のソロユニットAA=。
デジタル音とパンクを融合させたサウンドに注目。

前回見たときは持ち曲が少なかったため短調に感じでしたが
去年2ndアルバムも出ましたし見ておきたいバンドです。





当ブログレビュー記事「AA=

MADINA LAKE

ヘヴィーかつエモいといえばマディーナレイク。
中でも「One Last Kiss」は神曲認定。

パンクスプリング2009年にも出てたので知ってる人も多いかな?
日本でも着実に人気伸ばしてるバンドです。
公式がブログの貼りつけ禁止してたため、PVなど見たい方はこちら





当ブログレビュー記事「MADINA LAKE

ANDREW W.K.

パーティーバカの兄貴といえばANDREW W.K.。

アンドリューはライブでこそ威力を発揮します。
盛り上げ方もうまくライブはメチャクチャ楽しいので
見たことない人は是非とも参加してもらいたい。




カヴァーはやるかな?

当ブログレビュー記事「ANDREW W.K.

BRAHMAN

日本のパンクロックシーンのレジェンド的存在。

正直ブラフがパンスプ出るとは思わなかったので嬉しい誤算でもあります。
以前LOW IQの10周年の際にライブ見ましたが無駄が一切
なくライブの質がメチャクチャ高い。

選曲はやはり「A MAN OF THE WORLD」のアルバム中心になるかと。




「Great Help」とか個人的に好きな曲がほとんどアップされてなかったので、リマスタ盤を凝縮した動画を1つ載せておきます。

当ブログレビュー記事「BRAHMAN

QUIETDRIVE

ファーストアルバムが秀逸で日本でも人気を伸ばしてるクワイエットドライブ。
エモ+ポップで暴れる感じの曲はないですけど聴かせるバンドです。

有名所でシンディ・ローパーの「Time After Time」のカヴァーなんかもやってます。
とにかくファーストアルバムはレッツ視聴





当ブログレビュー記事…まだ作成できておりませんorz

と、ここまで書いてきましたがページが重くなってしまう(
すでに手遅れだが…)のでこれが第1部として分割します。

それでは続きは第2部で。続きはこちら

コメントを残す