B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

No Doubt-Tragic Kingdomのレビュー

Tragic Kingdom

アーティスト名 No Doubt(ノー・ダウト)
発売日 1995/10/10
国内盤 トラジック・キングダム
輸入盤 Tragic Kingdom

1986年に結成。アメリカ合衆国オレンジ・カウンティ出身のスカパンクバンド。女性ヴォーカル+スカコアの融合バンドで日本のスカブームの火付け役でもある。

1. Spiderwebs
2. Excuse Me Mr.
3. Just A Girl
4. Happy Now?
5. Different People
6. Hey You
7. The Climb
8. Sixteen
9. Sunday Morning
10. Don’t Speak
11. You Can Do It
12. World Go ‘Round
13. End It On This
14. Tragic Kingdom


レビュー

No Doubtの2ndアルバム「Tragic Kingdom」
ノーダウトの知名度を一気に高めた出世作。
と言うよりこのアルバム以外の知名度は低かったりします(;・∀・)

前作に比べ音の幅が広がりヴォーカルグウェンが全面に出たスタイルが活きてます。
ノーダウトといえばスカを連想する人も多いかもしれませんが、スカ一辺倒といったことはなく、曲によってはポップな曲だったりパンクな感じだったりとバラエティー性のあるアルバムになっています。

初っ端はスカで始まりこのまま行くかと思わせながらキャッチーでパンキッシュな
有名曲「Just A Girl」に繋がりそこからポップな展開といった楽しめる一枚。

基本は明るいラテン系なアルバムです。
後半はジャズチックになってるし、ある意味個性が強い。

好きな曲は1曲目「Spiderwebs」3曲目「Just A Girl」9曲目「Sunday Morning」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す