B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

MxPx-Before Everything & Afterのレビュー

Before Everything & After

アーティスト名 MxPx(エムエックスピーエックス)
発売日 2003/9/16
国内盤 ビフォアー・エヴリシング・アンド・アフター
輸入盤 Before Everything & After

1992年アメリカ出身パンクバンド。日本でも知名度も高く特にボーダーからの支持が大きくボーダー御用達バンドといっても過言ではない

1. Before
2. Play It Loud
3. Well Adjusted
4. It’s Alright
5. Brokenhearted
6. First Day Of The Rest Of Our Lives
7. Everything Sucks (When You’re Gone)
8. Quit Your Life
9. More Everything
10. Kings Of Hollywood
11. The Capitol
12. On The Outs
13. Don’t Walk Away
14. You Make Me, Me
15. You’re Not Alone
16. After


レビュー

MxPxの6thアルバム「Before Everything & After」
前作「Ever Passing Moment」から実に3年ぶりのフルアルバムとなります。
「Ever Passing Moment」の出来が良すぎたのと久々の
アルバムと言う事もあり嫌でも注目の集まる一枚でした。

内容は、今までの疾走感のあるメロコアからは少し変化があり、
ポップ~エモ寄りの穏やかな感じの曲が増えました。

MxPx好きには「The Broken Bones」のような明るくノレるようなスタイルが
好きな人多いと思いますが、それを期待してた人にはガッカリかもですね↓
その辺の兼ね合いでMxPxの中では珍しく賛否両論の一枚かと思います。
どちらかと言うとノる曲より聴かせる曲多いので。

また、今回はゲストでataris,NFG,Good Charlotteなどが参加してます。
このアルバムで好きな曲は
3曲目「Well Adjusted」5曲目「Brokenhearted」
この辺りの前作の勢いがまだ残ってる曲かな。
やっぱエモ寄りな曲は、まだ練りきれてない感じで
atarisなどと比べるとやはり1ランク落ちる↓

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す