B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Mest-Wasting Timeのレビュー

Wasting Time

アーティスト名 Mest(メスト)
発売日 2000/7/19
国内盤 ウェスティング・タイム
輸入盤 Wasting Time

1995年にロヴァト兄弟を中心に結成されたアメリカシカゴ出身のポップパンクバンド。日本でも知名度が高くポップパンクを盛り上げたバンドの一つである。

1. Long Days Long Nights
2. Hotel Room
3. What’s The Dillio?
4. Slow Motion
5. Drawing Board
6. Change
7. Forget You
8. Electric Baby
9. Girl For Tonight
10. Lonely Days
11. Richard Marxism
12. Random Arrival
13. The Last Time
14. Wasting My Time


レビュー

Mestの1stアルバム「Wasting Time」
blink182のバカっぽさにMXPXを足したようなポップパンクバンド
ってのが最初の印象です。

ポップで聴きやすいの流しでサラッと聴けます。
ただ短調な感あるので、もうちょいメリハリがあれば良くなるかと。
blink182,mxpx,simple planなど好きな人には合うと思います。

好きな曲は5曲目「Drawing Board」アルバムタイトル曲13曲目「The Last Time」
時点でシングル曲3曲目「What’s The Dillio?」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す