B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Marilyn Manson-Holy Wood in the Shadow of the Valley of Deathのレビュー

Holy Wood in the Shadow of the Valley of Death

アーティスト名 Marilyn Manson(マリリン・マンソン)
発売日 2000/11/14
国内盤 ホーリー・ウッド~イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ヴァリー・オブ・デス
輸入盤 Holy Wood in the Shadow of the Valley of Death

1989年結成のアメリカ合衆国のロックバンド。幅広い音楽要素でアルバム毎に音楽性が異なる。ハードロック、メタル、オルタナなどに分類されるが、これに限るわけでもない。

1. Godeatgod
2. The Love Song
3. The Fight Song
4. Disposable Teens
5. Target Audience (Narcissus Narcosis)
6. ‘President Dead’
7. In The Shadow Of The Valley Of Death
8. Cruci-Fiction In Space
9. A Place In The Dirt
10. The Nobodies
11. The Death Song
12. Lamb Of God
13. Born Again
14. Burning Flag
15. Coma Black: A. Eden Eye B. The Apple Of Discord
16. Valentine’s Day
17. The Fall Of Adam
18. King Kill 33
19. Count To Six And Die

レビュー

Marilyn Mansonの4thアルバム
「Holy Wood in the Shadow of the Valley of Death」

2nd「ANTICHRIST SUPERSTAR」3rd「MECHANICAL ANIMALS」に続く3部作の最終章。
アルバム全体では4部構成になっており、19曲とボリュームがすごい
(日本盤のボーナストラック付きは21曲)

前作よりへヴィでリズミカルなノりやすい曲が多い。
全体で見るとアルバム前半にノリの良い曲が固まっており、後半はスローな曲が多い。
曲数も多いし、やはり後半がダレてきてしまうのはしかたがないのかも…

好きな曲は3曲目「The Fight Song」4曲目「Disposable Teens」14曲目「Burning Flag」
パンク好きが好みそうなのは、この辺かと。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す