B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

The Ataris-End Is Foreverのレビュー

End Is Forever

アーティスト名 The Ataris(アタリス)
発売日 2001/2/6
輸入盤 End Is Forever

1997年米国インディアナで結成した4人グループ。エモ~メロディックな曲で個人的にもお気に入り

1. Giving up on love
2. Summer wind was always our song
3. I.O.U One Galaxy
4. Bad case of broken heart
5. Up,up, down, down, left, right, left, right, b, a, start
6. Road signs and rock songs
7. If you really want to hear about it
8. Fast times at drop out high
9. Song for a mix tape
10. You need a hug
11. How I spent my summer vacation
12. Teenage riot
13. Song #13
14. Hello and goodbye


レビュー

The Atarisの3rdアルバム「End Is Forever」
今作は、1st,2ndのような疾走間が影を潜めており、
4thのようなエモちっくなサウンドへと変化しています。

この変化は個人的には逆効果では…と感じます。と言うのも本来の
アタリスの音でもなければ4thのエモい感じにも及ばない
どっち付かずな仕上がりに思えてしまいます(´・ω・`)

理由として挙げられるのが短時間で作られた曲ばかりと
いうこともあり完全に仕上がってないのはしょうがないのかも知れません。
クリストファー・ロウ曰く
半分も満足してない」という事で未完と考えるともったいない一枚でもあります。

ただ駄作というのは早計。10曲目「You need a hug」などいい曲も↑
収録曲見て気づいたのだが
「 Up,up, down, down, left, right, left, right, b, a, start」
って上上下下…グラディ○スの裏技w

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す