B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

The Ataris-…Anywhere But Hereのレビュー

Anywhere But Here

アーティスト名 The Ataris(アタリス)
発売日 1997/5/30
輸入盤 Anywhere But Here

1997年米国インディアナで結成した4人グループ。エモ~メロディックな曲で個人的にもお気に入り

1. 1-2-3-4
2. As We Speak
3. Bite My Toung
4. Hey Kid!
5. Take Me Back
6. Are We There Yet?
7. Angry Nerd Rock
8. Let It Go
9. Lately
10. Alone in Santa Cruz
11. Make It Last
12. Sleepy
13. Four Chord Wonder
14. Blind and Unkind
15. Clara
16. Myself
17. Neilhouse
18. Perfectly Happy
19. Boxcar
20. Ray


レビュー

The Atarisの1stアルバム「…Anywhere But Here」
初めに正式名「The Ataris」ですが、普段からアタリスって
呼んでいるので、カテゴリも「A」に入れさせてもらいました。

自分は4枚目の「so long,astoria」から聞き始めて
さかのぼっていく感じで1stを聴き始めてました。

so long,astoria」は他の記事でレビューしますが、もろツボに入りそれが元で
気になって買ったアルバムがこちらの「…Anywhere But Here」

4枚目と比べちゃうと…!?いや比べるものじゃないですね。
エモいアタリスしか知らなかったけどこういった
パワフルでいてメロディックなアタリスもいいです!
4thからじゃなく1stから入ってればまた印象も全然違ったものと思います。

1stはいかにも若さに任せたパンクって感じで、
1曲辺り1分弱の速い曲が続き疾走間のあるアルバムです。
MXPXとかが好きな人にはこの手のアルバムは気に入られそう(´∀`)


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す