B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Madina Lake-Attics of Edenのレビュー

Attics of Eden

アーティスト名 Madina Lake(マディーナ・レイク)
発売日 2009/5/5
国内盤 アティックス・トゥ・エデン
輸入盤 Attics of Eden

2006年結成アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにて結成したポストハードコアバンド。一言で表すならエモくてヘヴィー!泣きあり疾走感ありの4ピースバンド

1. Never Take Us Alive
2. Let’s Get Outta Here
3. Legends
4. Criminals
5. Through The Pain
6. Never Walk Alone
7. Not For This World
8. Welcome To Oblivion
9. Silent Voices Kill
10. Statistics
11. Friends And Lovers
12. Lila The Divine Game


レビュー

Madina Lakeの2ndアルバム「Attics of Eden」
前回に比べ若干ダークな感じになりポップ色が薄くなり
ロック色が強くなった感じです。
FOBのようにダンサブルな要素も取り入れておりリズミカルな一面も。

「one last kiss」のようなキラーチューンを期待してると
最初聴いた時は「?」かも知れません

アルバムでみれば2枚目のほうがカッコイイですが、前作とは路線が
若干違うので好みは分かれるかもです
個人的には良い点、悪い点合わせて五分なのですが…

初っ端のイントロとか期待させるカッコよさがありまし
まず通して聴いてみる事をオススメします

好きな曲は1曲目「Never Take Us Alive」PV曲8曲目「Welcome To Oblivion」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す