B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Lostprophets-Liberation Transmissionのレビュー

Liberation Transmission

アーティスト名 Lostprophets(ロストプロフェッツ)
発売日 2006/6/27
国内盤 リベレイション・トランスミッション
輸入盤 Liberation Transmission

1997年結成のイギリスのウェールズ出身のロックバンド。「ラウドを主としたオルタナティブメタル」と一言では言えない様々な要素を織り交ぜたバンド

1. Everyday Combat
2. Town Called Hypocrisy
3. New Transmission
4. Rooftops (A Liberation Broadcast)
5. Can’t Stop, Gotta Date with Hate
6. Can’t Catch Tomorrow (Good Shoes Won’t Save You This Time)
7. Everybody’s Screaming!!!
8. Broken Hearts, Torn Up Letters and the Story of a Lonely Girl
9. 4:AM Forever
10. For All These Times Son, For All These Times
11. Heaven for the Weather, Hell for the Company
12. Always All Ways (Apologies, Glances and Messed Up Chances)

レビュー

Lostprophetsの3rdアルバム「Liberation Transmission」

前作よりキャッチーでメロディアスになった一枚
その分、疾走感も落ちてはいるが個人的には全体評価で
こちらのアルバムのほうが好き

なんだかんだで、ロスプロの中で一番聴いてるアルバム
(2010年のパンスプじゃこのアルバムからほとんど演らなかったけど…)

ともかくロスプロの中でも聴きやすいアルバムなので
初めて聴く人にも良いかと。

好きな曲はエモ寄りな選曲になるが
5曲目「Can’t Stop, Gotta Date with Hate」
8曲目「Broken Hearts, Torn Up Letters and the Story of a Lonely Girl」
10曲目「For All These Times Son, For All These Times」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す