B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Lostprophets-Betrayedのレビュー

Betrayed

アーティスト名 Lostprophets(ロストプロフェッツ)
発売日 2010/1/18
国内盤 ザ・ビトレイド~裏切られし者たち
輸入盤 Betrayed

1997年結成のイギリスのウェールズ出身のロックバンド。「ラウドを主としたオルタナティブメタル」と一言では言えない様々な要素を織り交ぜたバンド

1. If It Wasn’t For Hate We’d Be Dead By Now 2:18
2. Dstryr/ Dstryr 4:29
3. It’s Not The End Of The World But I Can See It From Here 4:19
4. Where We Belong 4:37
5. Next Stop Atro City 3:02
6. For He’s A Jolly Good Felon 4:40
7. A Better Nothing 4:45
8. Streets Of Nowhere 3:26
9. Dirty Little Heart 5:42
10. Darkest Blue 3:51
11. The Light That Burns Twice As Bright.. 5:52

レビュー

Lostprophetsの4thアルバム「Betrayed」

メンバーが「ダークなアルバム」と言うだけあり、ヘヴィーで暗めの曲が多い。
(ポップな曲などもありますけど)

これまでのアルバムとは一線を画しており、2nd、3rdのような
キラーチューンな曲を求めてる人には初聴はがっくしかもです

PV曲「It’s Not The End Of The World 」なんかは嫌いじゃない。
ロックな一枚としてはともかくパンク畑の視点からするとちょいと物足りない一枚です

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す