B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

The Living End-Modern Artilleryのレビュー

Modern Artillery

アーティスト名 The Living End(リヴィング・エンド)
発売日 2001/3/27
国内盤 モダン・アーティラリー
輸入盤 Modern Artillery

1994年結成のオーストラリアのビクトリア州メルボルン出身のパンクロックバンド。ロカビリーの影響を強く受けてるためパンクよりロックンローンなスタイル。

1. What Would You Do?
2. One Said To The Other
3. Whos Gonna Save Us?
4. End Of The World
5. Jimmy
6. Tabloid Magazine
7. In The End
8. Maitland Street
9. Putting You Down
10. Short Notice
11. So What
12. Rising Up From The Ashes
13. Hold Up
14. The Room

レビュー

The Living Endの3rdアルバム「End-Modern Artillery」

1stの頃と一変してロカビリー要素が薄まりポップ要素が
強くなり聴きやすくはなった。
一般ウケ狙うならこっちのスタイルのほうがいいのかも
しれんが、根っこはイジッてほしくなかったかな

5曲目「Jimmy」のようにちょい泣き入った曲など冒険した
一枚かなと。

一番好きなのは6曲目「Tabloid Magazine」
のサビ前の一節がメチャクチャ好き
全部この路線なら大絶賛するね

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す