B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

パンクのライブやフェス初心者向け。心得やノリ方など

SUMMER SONIC(サマーソニック)やPUNKSPRING(パンクスプリング)
といった大型フェスやライブハウスへ行くのが初めての方用のライブの心得。
初めてのライブだと服装をどうしたら良いか?どんな風に感じでノれば良いのか?
など気になる所だと思います。

そんなライブ行ってみたいけど、「初めてなのでどーしたらいいか解らない…」
といった悩みを解決

それではいってみましょう
心得


まず初めに準備するもの

ライブ前に準備しておくものは以下の通り。
  • お金
  • チケット
  • 服装
  • タオル
  • その他
荷物は極力少なめにして動きやすい服装で。

お金

当たり前ですが、お金は必要。
長時間フェスなどは飯代や飲み物など思った以上に消費します。
他にも物販を買う人なら多少多めに持っていきましょう。

チケット

一番最初に確認すべきアイテム。忘れた日には…
当日券のあるなしも事前にチェックしておきましょう。

服装

屋内もしくは野外でも暖かい時期なら基本的にTシャツとハーパンなどの軽装がいいでしょう。
また、前で暴れる人だとポケットに物を入れておくと紛失する恐れが
あるため、チャック付きのタイプがオススメ。

ハーパンを探すならここをチェック


基本的に動きやすければなんでもいいけどね。
(あと汚れたり破れたりしてもいいやつ)

前に行かずに後ろで見てるならスーツだろうが、和服だろうがなんでもOKです。

また、気を付けないといけないのが靴。
かかとが浅いスニーカーだと、かかと踏まれて脱げる可能性が高まります。
なるたけ脱げづらく動きやすい靴を選びましょう。

タオル

夏場は必需品なので必ず持っていきましょう。

前に行く人なら首に結べるくらいの長さのタオルがいいです。
短いと首に巻けずに、暴れてる最中無くす危険あり

その他

あとはライブ後の着替えがあればOK。
必要であれば8×4系の消臭剤なども用意しておくといいでしょう。

会場到着~到着後

ライブハウスのよってはドリンク代(基本500円)
が別途必要なところもありますので、確認しておきましょう。

物販を求める人は会場前に並んでおくぐらいじゃないと
買えない物もありますので狙ってる人は早めに到着するように。

会場到着まずはロッカーを確保する事が第一任務となります。

車で行くならともかくロッカーに物を預けるのであれば
持っていく荷物は極力少なくしたほうが吉。

さらに前で見たいのであれば、身につけている物はすべて外しましょう。
(ピアス、ネック、時計等)
これらは自分も近くの人も危ないので危険なものは外します。

以前メガネ?が割れて血だらけになった兄ちゃんが
包帯巻いて復帰したの見た事ありますしご注意を。
メガネレンズ
メガネの人はコンタクトにしましょう
(ハードレンズはNG,ソフトのほうで)

ソフトコンタクトを探すならここをチェック

※後ろで見る場合はフル装備で大丈夫です。

また、携帯もできれば置いていったほうがいいでしょう。
(暴れてる際に無くす、壊すの危険もあるので)

集合ポイントを決める

これ意外と大事。
友達同士で行く場合は事前に、集合ポイントを決めておきます。

デカいフェスでは、友達同士で行っても普通にはぐれるので、
あらかじめ集合ポイントを決めておけば感動の再会が可能です。

集合ポイントさえ決めておけば携帯片手に探しまわる必要もなく、携帯いらず。

準備が済んだら

ロッカーに荷物を預け準備が済んだら、まず靴紐をきっちり結びなおします。
脱げ易いとライブ中に消失恐れあり。

次にタオルを巻きます。これも簡単には取れないように。

そして準備運動。キッチリ身体をほぐしましょう。

これができたら会場全体を地図等で把握し、会場を見ます。

場所により柵などで区切られてブロック分け
されている場合があるので、まずは状況を確認。

それが終わったら始まるまで、ポジションをキープ。
(オールスタンディングと仮定)

一番前で見たい人

暴れたくはないけど、一番前で見たいって人は演奏が始まる前に一番前に移動しましょう。

ただ、盛り上がる中央部分だと場所によってはダイブ
(人の上に乗る事)で人が後ろから飛んでくるので痛い思いをします。
そこでオススメは少し外れた端のほうキープすれば安全に見られるかと思います。

ただ狙っている人も多いので、早めに移動したほうが良いでしょう。

前に行って暴れる人

一番盛り上がる場所はだいたい一番前より少し下がった当たりが多いです。

これは実践積んでいけばホットポイントが見極められるスキルがおのずと付いてきます。
暴れる人には必須スキルなので早めにラーニングしましょう。
ラーニング

前に行きたい人は最初からポジションキープしなくても大丈夫です。
曲が始まって行きたい曲でガツガツ突っ込んでいけます。

ただあまり後ろすぐるとたどり着くまで大変なので、
中盤辺りをキープしておけば問題ありません

後ろで見る人

最初からスタンド等で見る場合は、座席指定が
なければやはり前のほうの席取りたい所です。

この場合はある程度早めに入場が必要となります。

オールスタンディングの場合なら、寄りかかれる柵
などがあればそーゆー場所を早めにGETしましょう。

そのため事前に店内配置の調査しておいたほうがいいかと思います。

演奏スタート

演奏が始まったらあとは楽しみ方は人それぞれ。

間近で見るもよし、暴れるもよし、後ろで鑑賞するもよし

ノリの強弱はバンドによって異なりますが、
初めて行く方で激しめなバンドには注意が必要です

以前スリップノットでマッチョマンに正拳突き喰らって
KOされた事もあるので、こういったことがないよう気をつけましょう。

暴れるスポットはいくつかできるので
自分のガタイに合わせたスポットをチョイスします。

ノリ方について

基本はモッシュ(押し合いへし合い)となります。
他にも縦ノリ(縦の動き)ヘドバン(頭を振る)など様々

場所によっては禁止されてますが、さきほどあげたダイブなどもあります。
ダイブは楽しいですが、途中で落下してマッハ踏み踏みされる事もあるので要注意

パンクのノリ方は特に決まりがあるってわけでもなく、自由に楽しんでかまいません。
踊ったりしてもいいですし、肩車してもいいですし
回りに迷惑じゃなければ好きに楽しんだ者勝ちです。

楽しむコツは、恥ずかしいという気持ちはまず捨てましょう。
変なプライドとかは邪魔なだけです。むしろ本能むき出しぐらいがとても自然体。
パンクのライブ中は
異常こそ正常
ライブ中は、見ず知らずの人でも一緒に肩組んで盛り上がったりしますし
基本言葉は要らず行動で意思疎通をします。

ダイブしたい時も行動すれば大概の人は手伝ってくれます。
イメージとしてブリンクのライブ映像でも

小休憩

バンドの合間合間で、キチンと休憩して水分を補給しましょう。
特に夏場は常に水などを装備しておいたほうが良いです。
(落ちないように)

また、前で盛り上がるのあれば水は少し残しておいても楽しみがあります。
ライブが盛り上がってる時に持っている水を遠心力でブン回して散布したりする楽しみ方もあります。
注意点は遠心力で撒き散らさないとただ水をぶっ掛けるだけになってしますので、きっちりぶん回しましょう。

さらに、水以外ではこの行為はNGです。
以前ポカリぶん回した人居ましたが、これは迷惑以外のなにものでもありません。

また、体調など悪くなったらすぐに退避する事が大事です。無理はいけません。

ライブ終了

ライブが終わった後は余韻に浸るもよし、さっさと着替えるもよし、ビールで乾杯でもよし

この後も自由です。自分はライブ後は飲み行ってカラオケが定番です。
次の日仕事などの場合は早めに帰ったほうが良いでしょう。

暴れた場合は、打撲やら筋肉痛やらで疲労がすごかったりします。

ライブの心得(ルール)

最後に最低限の心得ですが、散々自由に楽しめと書いて
きましたが最低限のルールは存在します

まず足を踏まれたり、後ろから吹っ飛ばされたりしても怒ってはいけません。
また、さっき書いたように水をかけられたりしても同じです。

これが当たり前の空間なので、逆にこれで怒ったりするほうが
間違っていると思ったほうがいいでしょう。

むしろ暴れている時はそんな事思ったりもしませんが、ムカついても報復はNG。
やるならモッシュ等で体当たりで返しましょう、これならOKです。

あと当然ですがステージに物を投げ入れる事は絶対NGです。

困った人は助けてあげる

ライブ中はこの気持ちが一番大事です。

ダイブなどして途中で落下してしまったら大変な事になります。
このような事態に居合わせた時はすかさず起こしてあげましょう。

もちろん通常モッシュ中でも転んだりする事がありますが、これも同様。
無論自分が倒れた時もすかさず誰か助けてくれます。

ライブを楽しむためにも怪我人を出さずみんなで楽しむようにしてください。
また、ダイブしようとしてる人がいれば、後ろから押し上げてあげるのもいいでしょう。
頼まれずとも自発的にガンガン動いていきましょう。

といろいろ書いてみましたが、何度が行ってればすぐ慣れると
思うので気楽に行くぐらいで大丈夫です。

ライブは客質が良ければ楽しさもUPしますので、
みなさんのそのような良客に育ってくれればと願いますw

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (9 投票, 平均値/最大値: 4.22 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す