B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

LAGWAGON-Let’s Talk About Leftoversのレビュー

Let's Talk About Leftovers

アーティスト名 LAGWAGON(ラグワゴン)
発売日 2001/4/3
輸入盤 Let’s Talk About Leftovers

1990年結成のロス出身のロックバンド。FATレーベルの看板バンドで90年代のメロコアブームでハズせないバンド。メロディアスで哀愁漂うサウンドと言えばラグワゴンなくして語れない

1. Feedback Of Truckstop Poetry , A
2. Narrow Straits
3. Burn That Bridge When We Get To It
4. Losing Everyone
5. Jimmy Johnson
6. Eat Your Words
7. Want
8. Bring On The Dancing Horses
9. Randal Gets Drunk
10. Raise A Family
11. Restrain
12. No One Like You
13. Freedom Of Choice
14. Brodeo
15. Drive By
16. Wind In Your Sail
17. Over The Hill
18. Defeat You
19. Laymens Terms
20. Jazzy Jeff
21. The Champ
22. Demented Rumors
23. Truth And Justice
24. No Conviction
25. Jaded Ways

レビュー

LAGWAGONのB面集「Let’s Talk About Leftovers」

未発表曲やシングル、オムニバス参加曲などを集めて作った
アルバムで25曲入りのお腹一杯作品。

こーゆーのは結構ハズれフラグが多いが、意外とただの
寄せ集めってわけでもなく満足できるレベルだと思う。

っても前半はいいとして後半がダレ気味で捨て曲も
多いのでアルバム全体通して聴く事はあまりない

好きな曲は1曲目「Feedback Of Truckstop Poetry , A」
3曲目「 Burn That Bridge When We Get To It」
7曲目「Want」10曲目「 Raise A Family」って感じですが1曲目以外はちょい落ちる感じですが↓

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す