B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

LAGWAGON-Let’s Talk About Feelingsのレビュー

Let's Talk About Feelings

アーティスト名 LAGWAGON(ラグワゴン)
発売日 1998/11/24
輸入盤 Let’s Talk About Feelings

1990年結成のロス出身のロックバンド。FATレーベルの看板バンドで90年代のメロコアブームでハズせないバンド。メロディアスで哀愁漂うサウンドと言えばラグワゴンなくして語れない

1. After You My Friend
2. Gun in Your Hand
3. Leave the Light On
4. Change Despair
5. Train
6. Hurry up and Wait
7. Everything Turns Grey
8. Love Story
9. Messengers
10. Kids Are All Wrong
11. May 16
12. Owen Meaney

レビュー

LAGWAGONの5thアルバム「Let’s Talk About Feelings」

ジャケの酷さでも有名なラグの5枚目w
しかしジャケとは裏腹に内容はラグ史上ダントツNo1と言える

1曲1曲のメロディの作りこみがヤヴァくて、哀愁漂うラグ節全開!
一時期は泣きコアといえばまずこのアルバムが挙がるほどでしたが、
納得の出来映えで曲もキャッチーだしラグ初めて聴く人にはまずこれ推します

好きな曲はたくさんありますが、しいて絞るなら
1曲目「After You My Friend」3曲目「Leave the Light On」
そして鉄板キラーチューン曲は11曲目「May 16」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す