B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Korn-コーンのレビュー

Korn

アーティスト名 KORN(コーン)
発売日 1994/10/13
国内盤 KORN(国内盤)
輸入盤 Korn

1994年デビューのカリフォルニア州ベーカーズフィールド出身のロックバンド。へヴィーメタルの流れを汲んだミクスチャーを主とし独自のダークな世界観を描く。その後に続くバンドにも多大な影響力を持つ90年代を代表するバンドの一つ

1. Blind
2. Ball Tongue
3. Need To
4. Clown
5. Divine
6. Faget
7. Shoots and Ladders
8. Predictable
9. Fake
10. Lies
11. Helmet in the Bush
12. Daddy

レビュー

Kornの1stアルバム「KORN」

怨み、憎悪と言った負の感情を再現したダークなデビュー作

Voジョナサンは幼少期より過度な虐待、イジメを受けており
それが歌詞等に反映されている所もある

重低音からなる苦しみを吐き出すかのようなダークな世界観は好みが分かれるかもですね

kornは3rdから聴き始め遡りますが、作風が3rdから若干変わっており自分は3rd以降
のほうが好きですが、kornを語る上では1stはかかせないのかもしれませんね

特に12曲目「Daddy」とかは感情入りまくり、泣きまくりの曲で辛くて最後まで聴けねぇw

いろんな意味で重いですが、kornは聴く目的のみなら3rd以降のほうが個人的には勧めます


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す