B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Ken Yokoyama-Third Time’s A Charmのレビュー

Third Time's A Charm

アーティスト名 Ken Yokoyama(横山健)
発売日 2007/9/5
国内盤 Third Time’s A Charm

2004年にソロとしてデビュー。ご存知ハイスタやBBQのギタリストで邦パンクを盛り上げた1人でもある

1. Why
2. Not Fooling Anyone
3. Go With The Flow
4. Dry Spell
5. That Girl
6. Happy Days
7. Ricky Punks II(The Lamepire Strikes Back)
8. Movin’ On
9. Father’s Arms
10. Daydream Believer
11. Do It Again
12. Fuck Up,Fuck Up
13. Cheap Shot
14. Somewhere Over The Rainbow(INSTRUMENTAL)
15. I Love

レビュー

Ken Yokoyamaの3rdアルバム「Third Time’s A Charm」

1,2枚目と比べてしまうとポップな感じになり、本来の持ち味を殺してしまってるのでは?
と思ってしまいます。

巷には良質のメロが鳴り響いているので、これで勝負するにはちと厳しいかとorz

10曲目「Daydream Believer」などカヴァーの選曲はいいんですが、他がちょいと
弱いと感じてしまう一枚です。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す