B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

Ken Yokoyama-Nothin’ But Sausageのレビュー

Nothin' But Sausage

アーティスト名 Ken Yokoyama(横山健)
発売日 2005/11/9
国内盤 Nothin’ But Sausage

2004年にソロとしてデビュー。ご存知ハイスタやBBQのギタリストで邦パンクを盛り上げた1人でもある

1. Cherry Blossoms
2. Jealous
3. I Can’t Smile At Everyone
4. How Many More Times
5. Last Train Home
6. Empty Promises
7. Summer Of ’99
8. Sleepwalk
9. Remember Me
10. Say What I Want
11. Lucky
12. Can’t Take My Eyes Off Of You
13. So Sorry
14. Torn
15. Ten Years From Now

レビュー

Ken Yokoyamaの2ndアルバム「Nothin’ But Sausage」

前作より吹っ切れた感がありアグレッシブな感じになってます

よく言えば疾走感がありますが、悪く言えば速いだけとも言えます(;´Д`)アウ

4曲目「How Many More Times」なんかが好みなので
この辺もう少し厚くしてくれれば花丸ですw

一味違ったカバーのギタープレイ(Sleepwalk)やアコギの(So Sorry)
など好きな事を楽しんでるようにも見えてしっとりが好きな人にも聴ける一枚です

また有名曲のカヴァー「Can’t Take My Eyes Off Of You」も収録してます

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 4.50 / 5)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す