B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

KASABIAN-Kasabianのレビュー

KASABIAN

アーティスト名 KASABIAN(カサビアン)
発売日 2004/8/25
国内盤 カサビアン
輸入盤 Kasabian (CCCD)

2004 年デビューのイギリスのレスター出身のロックバンド。デビュー前から注目を集めるバンドで電子音を駆使したダンサブルなサウンド

1. Club Foot
2. Processed Beats
3. Reason is Treason
4. ID
5. Orange (Interlude)
6. LSF (Lost Souls Forever)
7. Running Battle
8. Test Transmission
9. Pinch Roller (Interlude)
10. Cutt Off
11. Butcher Blues
12. Ovary Stripe
13. U Boat

レビュー

KASABIANのデビューアルバム「Kasabian」

UKロックとして注目を浴び「Club Foot」が大反響でその名を知ってはいたが
畑違いのため手を出してはいなかったが、友達に強制的に貸された一枚

さて、内容は「Club Foot」はさすがに有名なので曲は知っていたけど、他の
曲を聴くと電子音を交えた民族的かつノリノリとは対照的な陰のダンサブルな感じです

世間的な評価は高い?みたいですけど、パンク畑としては期待している音とはかけ離れて
いるので、普段ロック寄りの人向けです

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す