B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

All Time Low-Nothing Personalのレビュー

Nothing Personal

アーティスト名 All Time Low(オール・タイム・ロウ)
発売日 2009/7/7
国内盤 ナッシング・パーソナル
輸入盤 Nothing Personal

2003年アメリカ合衆国メリーランド州バルチモア出身のポップパンクバンド。正統派ともいえる青春パンク系統で一度聴けば耳に残るキャッチーなサウンド

1. Weightless
2. Break Your Little Heart
3. Damned If I Do Ya (Damned If I Don’t)
4. Lost in Stereo
5. Stella
6. Sick Little Games
7. Hello, Brooklyn
8. Walls
9. Too Much
10. Keep the Change, You Filthy Animal
11. Party Song (The Walk of Shame)
12. Therapy


レビュー

All Time Lowの3rdアルバム「Nothing Personal」

前作のダンサブルな明るいポップから一転し、切なく力強いエモ~ポップパンクといった構成。
とにかく聴きやすさ抜群で、メロディセンスが抜群でエモい

日本じゃ知名度低いけど、アメリカのほうじゃ人気が高く
それに見合うだけのメロセンスがあります

ヴォーカルの高い声にキャッチーなメロいサウンド全開
なんでポップパンク好きにはかなりの確率で当たりかと。
と、言うよりNFG好きな人(自分もそうだけど)にはほぼ当たりでしょう。

アルバム全体もメリハリが効いておりアルバム重ねる事に良くなって
これからも期待できるバンドかと思います

好きな曲は1曲目「Weightless」10曲目「Keep the Change, You Filthy Animal」
その下に2~5曲目って感じです

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す