B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

HUSKING BEE-GRIPのレビュー

GRIP

アーティスト名 HUSKING BEE(ハスキング・ビー)
発売日 1997/2/21
国内盤 GRIP

1994年に結成された日本のパンクロックバンド。日本のメロコアを代表するバンドで当時はエモという言葉がなかったがエモ要素も含む。2005年に解散

1. ANCHOR
2. 8.6
3. WALK
4. THE SHOW MUST GO ON
5. DON’T GIVE A SHIT
6. SHAKE THE JOY OF OUR TOUR
7. BEAR UP
8. QUESTION
9. ONLY WAY
10. DON’T CARE AT ALL
11. GO IT ALONE
12. MY OWN COURSE
13. BEAT IT
14. ALL YOUR LIFE / S.E
15. THE SHOW MUST GO ON

レビュー

HUSKING BEEの1stアルバム「GRIP」
パンク聴き始めて初期の頃聴いたアルバムです

友達にハスキン好きがいて借りたのですが最初は「全然良くないw」
と思ってました。
声がしゃがれててパッとしなくしばらく聴かない日々が続いてた。

その後ふと作業してる最中、リピして流してると「これはこれでありだな~」
と思えるようになり聴き始めました

基本哀愁漂うメロコアの位置づけです。
当時はエモという言葉はなかったのもありますけど。
声に特徴があるので、最初はダメな方も多いかと
(回りにも結構多かったので)

さて、このアルバムで有名なのは2曲目「8.6」ですかね?
ご存知8月6日を歌ったものです。
あと好きなのは、3曲目「WALK」8曲目「QUESTION」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
このアルバムの貴方の評価は星何点?

コメントを残す